auひかりのエリア拡大について

Au ひかりに加入しているユーザーのインターネット回線スピードに対する評価は概ね上々のようですが au ひかりの最大のネックとなっているのが提供エリアが狭いことが挙げられます

そこでこの記事では今後の au ひかりのエリア拡大について具体的な展望を行い対象エリアが拡大されない見込みの場合の対処法についてもご紹介していきたいと思います

Au ひかりは KDDI が自社で独自の光ファイバー回線をしているためにインターネットの回線スピードが非常に安定していると評判です

そこで au ひかり申し込みたい人がたくさんいるのですがなかなかエリア拡大について進捗していないのが現状の標的

エリア拡大があまり進んでいない理由というのは au ひかりは元々は東京電力がインターネット授業を開始したサービスだったのですがそれが KDDI に譲渡されているわけですのでどうしても関東を中心に設備が集中しているという理由があるのです

現実に関西地方では au ひかりは全くと言っていいほど導入されていなくてその代わりに関西電力の eo 光が圧倒的なシェアを占めています

一部の集合住宅には光回線の au ひかりも導入されている建物もあるのですが一戸建て住宅タイプの場合は全く導入されていないのが現状です

Au ひかりの現在の契約ユーザーというのは関東方面を中心にその他には北海道や東北地方会中国地方や九州地方とエリアが広がっています

そして au ひかりの一戸建て住宅タイプの場合は静岡県と三重県と岐阜県と愛知県の東海地方と福井県と和歌山県と奈良県と滋賀県と兵庫県と大阪府と京都府の関西方面では導入されていません

auひかり キャッシュバック 翌月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です